男性ムダ毛処理カミソリ

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

男性のムダ毛処理にカミソリは正しい?

 

男性がカミソリ負けをしてしまう原因とは?

男性のムダ毛処理にカミソリは正しい? | 男性ムダ毛解決ガイド!【毛が濃いメンズ・剛毛な男子も脱毛で悩み解消】

なぜ肌はカミソリ負けをしてしまうのでしょうか?大きく分けると3つの原因があります。その原因を知ったうえで、正しいカミソリの使用をするようにしましょう。ではその原因とは何でしょうか?

 

 

 

カミソリ自体の問題。

 

カミソリや電気カミソリそのものが、カミソリ負けの直接的な原因となり負けてしまうことがあります。それにはカミソリがさびていたり欠けていたりすると肌を傷つけやすくなり、カミソリ負けが起こりやすくなってしまうのです。また、カミソリが不衛生だと、カミソリに細菌が繁殖してしまい、カミソリ時についた傷からその細菌が入り込んでしまいカミソリ負けを引き起こす原因となります。

 

ひげ剃りやムダ毛の処理の仕方が間違っている。

 

まず、そる前にしっかりプレシェーブをしないと、肌に対してカミソリへの抵抗が大きくなり、肌を傷つけやすくなってしまいます。ですから、ひげや体毛の処理をする前にはしっかりと水分を含ませ、毛自体をやわらかくしてから剃るようにしましょう。また、シェービングフォームやローションも必ず使用するようにしましょう。これらを使用しないとひげや体毛などを処理する際、カミソリへの抵抗が大きくなり、カミソリ負けの原因となってしまいます。その際、そる手順は重要なポイントとなってきます。毛が生えている方向と逆方向に剃る「逆剃り」をしてしまうと、カミソリへの抵抗が大きくなってしまいます。ですから、カミソリを使う時は必ず生えている方向と同じ方向へ剃ることが大切です。その後、最後にそり残しのみ逆剃りできれいにそるようにしていきましょう。

 

個人の肌質

 

肌質には個人差があります。そのため、肌が弱い方は、そうでない人に比べて剃る際に肌が傷つきやすくて、カミソリ負けを起こしやすいタイプと言えます。肌が弱い方はカミソリ負けを防ぎ肌を守るために、カミソリ前やカミソリ後のケアを入念に行うことがとても重要です。カミソリ負けは毎日カミソリを使うことで肌の状態が悪化していきます。なので、もし可能であればですが、カミソリを使用しないことが一番の対処法と言えるでしょう。しかし、カミソリを使用しないということは無理かもしれません。そのような場合は、カミソリを使用しない日を作り、肌を定期的に休ませてあげることができるかもしれません。

 

男性のムダ毛処理にカミソリは正しい? | 男性ムダ毛解決ガイド!【毛が濃いメンズ・剛毛な男子も脱毛で悩み解消】

 

カミソリの正しい使い方とは?

 

ここで正しいカミソリの使い方をご紹介します。これをマスターすれば、ムダ毛をきれいに処理することができるでしょう。

 

お風呂に入って肌を柔らかくすること。

 

もちろんシャワーでも問題はありませんが、湯船にしっかり浸かり肌を温めるなら、カミソリ負けを予防することができます。なぜなら、肌が温かくなることにより皮膚が伸びやすくなるからです。また毛は水分を含むと柔らかくなり、剃りやすくなるので、肌が傷つきにくく守ることができます。

 

シェービングローションか、ボディークリームを塗ること。

 

お風呂場の中でも塗ることはできますが、衛生面を考えるとお風呂から上がってから塗るほうが方が良いでしょう。しっかり肌の水分を拭いてから、シェービングローションかボディークリームを塗ります。剃る前には必ず潤滑油になるモノを塗ってから剃るようにしましょう。

 

毛の流れに沿って剃ること。

 

特に長い毛を剃る場合には、毛の流れに沿って剃るようにしましょう。長い毛をいきなり逆剃りするなら毛が引っ張られてしまし、肌を傷つけカミソリ負けしてします原因となります。ですから、最初は必ず毛の向きと同じ方向に剃っていくことが大切です。また剃る時は、肌を剃る方向と同じ向きに引っ張っていくのがポイントです。もし毛がとても長い時は、まずハサミでカットするなら、カミソリで剃りやすくなるでしょう。

 

逆剃りすること。

 

毛の流れに沿って剃ったあとは、毛の流れとは反対方向に剃っていきます。この場合も、剃る方向に肌を引っ張り剃っていくようにしましょう。肌を引っ張るなら毛が立つので、自然と深剃りにすることができます。

 

温かいタオルで処理した部分をキレイに拭くこと。

 

クリームを剃った毛ごとすべてキレイに拭き取ります。まずは温かいタオルでふき取ることができるでしょう。もし面倒ならお湯で流すことができるかもしれません。

 

剃り残しを剃ること。

 

剃り残しをチェックしましょう。もし剃り残しが合った場合は、クリームをもう一度塗ってから、電動シェーバーを使って剃るようにしましょう。カミソリは続けて使用すると肌にかかる負担がとても大きいので、二度剃りは避けましょう。剃り残しを剃ったら、温かいタオルかお湯でキレイにふき取りましょう。

 

冷たいタオルで肌を引き締めること。

 

冷たいタオルは、肌に置いて使用します。冷たいタオルを使用する事により、鎮静作用と引き締め作用を期待することができます。もし面倒なら冷たい水で流すのでも問題はありません。

 

しっかり保湿すること。

 

最後に処理をした部分の肌を保湿しましょう。肌が乾燥してしまうと肌が傷つきトラブルを引き起こす可能性がありますので、保湿はしっかりと行うようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加