男性ムダ毛処理シェーバー

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

男性のムダ毛処理は「シェーバー」で!

 

男性がムダ毛を自己処理する方法とは?

 

ムダ毛の自己処理の方法はさまざまです。毛を抜いたり、剃ったりといった方法が一般的ですが、ほかにも毛を焼いたり、薬剤で毛を溶かしたり、毛の生える速度を遅くしたりする方法もあります。毛を剃って処理する方法には、カミソリ、トリマー、電気シェーバーなどを使用することができます。この3種類のグッズの中で、一番肌への負担が少ないのは「電気シェーバー」です。では、電気シェーバーにはどのような特徴があるのでしょうか?

 

男性のムダ毛処理は「シェーバー」で! | 男性ムダ毛解決ガイド!【毛が濃いメンズ・剛毛な男子も脱毛で悩み解消】

 

電気シェーバーの特徴とは?

 

電気シェーバーの良いところは安全性が高く、内刃が肌に直接当たらないので肌への負担が少なく、思い立ったらいつでもすぐにムダ毛処理をすることができます。ただ外刃の厚みがあるので、カミソリほど深剃りをすることはできません。ツルツルとまではいきませんが、頻繁に処理を繰り返すなら、普段の処理方法としては仕上がり度は満足することができます。深剃りをすることもできますが、肌に擦りつけると多少のダメージがあるのでおすすめできません。内刃は毛穴には届くことがないので、埋没毛も起こりにくく、毛穴にダメージはほとんどないので肌にやさしいと言えるでしょう。では、電気シェーバーのコストはどれくらいでしょうか?電池式なら2,000円前後、充電式なら4,000円前後で購入することができます。本体も、ランニングコストもそれほど掛かることはないですし、アフターケアの化粧品も必要ないので、比較的安い費用でムダ毛を処理することができます。電気シェーバーは、深剃りできないため、頻繁な処理が必要となってきます。でも準備が要らず、いつでもどこでもでき、アフターケア不要と、手間が少ないムダ毛処理方法と言えるでしょう。

 

 

 

電気シェーバーを使うことのメリットとは?

 

電気シェーバーを使うことのメリットとして、肌荒れしにくい、という点をまず挙げることができます。なぜなら、刃が直接、肌に触れないからです。網の中のカッターで毛を処理していくので、網がカバーをしているため、直に刃の部分が肌に触れないのです。なので、肌を傷つけることがありません。カミソリの場合は、刃で肌の角質などをそぎ落とすしてしまうので、細かな傷を肌に作ってしまい、カミソリ負けを起こす場合が多々あります。しかし、電気シェーバーではその心配がないのです。また別の点として、ごみがでない、ということも挙げることができます。カミソリを使用すると、それを処理する必要がありますが、電気シェーバーなら、軽く水洗いをするだけで済ませることができます。また電気シェーバーはカミソリと違い、肌に何もつけなくてもダメージを受けないほど肌に負担がかかりません。

 

 

電気シェーバーを使うことのデメリットとは?

 

電気シェーバーを使うことのデメリットは、深剃りができないという点です。そのため、カミソリと比べてしまうと、処理能力がどうしても落ちてしまいます。また、カミソリだと百円程度で購入することができますが、電気シェーバーは安いものでも数千円はします。また、音がするのも電気シェーバーだけです。

 

 

 

電気シェーバーの選び方とは?

男性のムダ毛処理は「シェーバー」で! | 男性ムダ毛解決ガイド!【毛が濃いメンズ・剛毛な男子も脱毛で悩み解消】

男性がムダ毛処理をする場合、男性のヒゲ用のシェーバーを使えばよいのでは?と思われている方がいるかもしれません。しかし、ひげ用のシェーバーはひげ専用のもので、体毛のムダ毛処理には適していません。ではどのような電気シェーバーで体毛のムダ毛処理をすることができるでしょうか?それは、女性用のボディ専用の電気シェーバーを選ぶようにしましょう。その際、防水付きの電気シェーバーがおすすめです。防水付きだとお風呂でも使うことができますし、水洗いもすることができます。また、故障の原因となるホコリも機械部分に入りにくいので、長持ちしやすいので、電気シェーバーを選ぶ際には、防水付きのものを探すようにしましょう。

 

 

 

電気シェーバーの使い方のコツ

・もし肌が湿っていて電気シェーバーの滑りが悪く感じるときは、ベビーパウダーを使うと肌がサラサラになって滑りがよくなります。また、肌へのダメージを抑えることができるのでおすすめです。

 

・毛が長く伸びすぎていると電気シェーバーは使うことができません。そんなときはトリマーなどで毛を短くする必要があります。トリマーと一体になった電気シェーバーも販売されているので、毛が長い方やたくさん生えている方は、トリマーと一体化しているものを購入することができるかもしれません。

 

・電気シェーバーは、肌に対してまっすぐにあてるのがポイントです。少しくらいなら肌に押しつけても構いませんが、あまり強く押しつけると肌に負担がかかるので避けましょう。

 

・基本的にアフターケアは必要ではありません。しかし、肌に少しでも違和感を感じる場合は保湿ケアを行なうようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加